いよいよ発売開始となったXperia 5!

だがしかし、本記事をご覧の方に

 

いまいちどんな機種なのかわからない…

どんな機能を持っているのか簡単に知りたい

もうSONY製品なら何でもいい

 

とお考えの人もいるかと思います。

ですので、本記事ではそういった方々でもかるーく読めるようXperia 5についてまとめてみました。

ではではさっそく行ってみましょう!

性能でXperia 5とXperia 1を比べてみよう!

Xperia 5は前作のXperia 1の後継機ということもあり画面のサイズは少し小さくなったものの、比率はシネマワイドの21:9になっており、他の機種と比べて映画の臨場感がより一層感じれるものとなってます。

また、Xperia 1から引き継がれた機能やデザインはいろいろあるのですが、その中でも”眼”を引くのはやはりこのトリプルレンズカメラでしょう。

そしてパフォーマンスはどの程度なのか…。

今回は簡単にこの三点に絞って、前作のXperia 1と比較も交えながらお話していきます!

”そもそもXperia 1とは?”という方にはこちらの記事もどうぞ↓

Xperia1を二ヶ月ほど使用した感想

その三点の話に入る前に、Xperia 5とXperia 1のスペックを並べて置いておきますが、これは読み飛ばしてもらっても大丈夫です。

Xperia 5のスペック


カラー グレー、ブルー、レッド
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約68mm×約158mm×約8.2mm
重量 約164g
バッテリー容量 3000mAh
連続通話時間 GSM:590分/3G:1730分/LTE:1620分
連続待受時間 GSM:435時間/3G:465時間/4G:410時間/4G LTE:430時間
OS Android 9 Pie
CPU Qualcomm® Snapdragon855/2.8GHz+2.4GHz+1.7GHz オクタコア
メモリ 内蔵(ROM/RAM) 64GB/6GB
外部 microSD/microSDHC/microSDXC(最大512GB)
最大通信速度 下り最大:988Mbps*1/上り最大:37.5Mbps*2
ディスプレイ 約6.1インチ/有機EL/Full HD+(2520×1080)/HDR対応
カメラ メインカメラ 52mm(望遠):有効画素数約1220万画素/F値2.4
26mm(標準):有効画素数約1220万画素/F値1.6
16mm(超広角):有効画素数約1220万画素/F値2.4
フロントカメラ 有効画素数約800万画素/F値2.0
撮影サイズ 静止画(ドット) メイン 4032×3024/フロント 3264×2448
動画(ドット) メイン 3840×2160(4K)/フロント 1920×1080
外部接続 Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth® ver.5.0
外部デバイス USB Type-C™
防水/防塵 防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)
付属品 USB Type-C™-3.5φ変換ケーブル(TVアンテナ機能付)
SoftBank 4G LTE
SoftBank 4G
プラチナバンド
テザリング
テレビ(フルセグ)
おサイフケータイ®
緊急速報メール
Wi-Fi対応
VoLTE(HD+)
ワイヤレス充電
その他 日本語入力システム Gboard
メールアプリ Gmail
画像閲覧アプリ アルバム、Google フォト
音楽再生アプリ ミュージック
引用元: Sony Mobile Communications inc.
https://www.sonymobile.co.jp/xperia/xperia5/usability.html

 

Xperia 1のスペック


カラー ブラック、ホワイト、パープル
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約167㎜×約72㎜×約8.2㎜
質量 約178g
OS Android 9 Pie
CPU Qualcomm®Snapdragon855/2.8GHz+2.4GH+1.7GH オクタコア
メモリ 内蔵(ROM/RAM) 64GB/6GB
外部 microSD/microSDHC/microSDXC(最大512GB)
ディスプレイ 約6.5インチ/有機EL/4K(3840×1644)/HDR対応
カメラ メインカメラ 26㎜(標準):有効画素数 約1220万画素/F値1.6/メモリー積層型イメージセンサー
52㎜(望遠):有効画素数 約1220万画素/F値2.4
16㎜(超広角):有効画素数 約1220万画素/F値2.4
フロントカメラ 有効画素数 約800万画素/F値2.0
撮影サイズ 静止画(ドット) メイン 4032×3024/フロント 3264×2448
動画(ドット) メイン 3840×2160(4K)/フロント 1920×1080
電池容量 3200mAh
最大通信速度 下り最大:988Mbps*1/上り最大:37.5Mbps
連続通話時間 GSM:640分/3G:1830分/LTE:1660分
連続待受時間 GSM:475時間/3G:490時間/4G:445時間/4G LTE:460時間
外部接続 Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth® ver.5.0
外部デバイス/その他 USB Type-C™
防水/防塵 防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)
付属品 USB Type-C™-3.5φ変換ケーブル(TVアンテナ機能付)
SoftBank 4G LTE
SoftBank 4G
プラチナバンド
テザリング
テレビ(フルセグ)
おサイフケータイ®
緊急速報メール
Wi-Fi対応
VoLTE 〇 VoLTE(HD+)
ワイヤレス充電
引用元: Sony Mobile Communications inc.
https://www.sonymobile.co.jp/xperia/xperia1/spec_softbank.html

 

 

 

長~い21:9のディスプレイ

Xperia 5のディスプレイのスペック


ディスプレイ 約6.1インチ/有機EL/Full HD+(2520×1080)/HDR対応
引用元: Sony Mobile Communications inc.
https://www.sonymobile.co.jp/xperia/xperia5/usability.html

 

Xperia 1のディスプレイのスペック


ディスプレイ 約6.5インチ/有機EL/4K(3840×1644)/HDR対応
引用元: Sony Mobile Communications inc.
https://www.sonymobile.co.jp/xperia/xperia1/spec_softbank.html

 

両機種のディスプレイには有機ELを搭載していますが、Xperia 5は4KではなくFull HD+になってます。

正直Xperia 1を使っている身からすると、普段から映画などを見る人以外は4Kはいらないかもしれないですね。

しかもディスプレイのサイズにて、Xperia 5がXperia 1よりも約4インチほど小さいことからXperia 5ではあまり映画など視聴する際に高画質を求める人にはあまりお勧めできません。

しかし、サイズが小さくなったので持ちやすさはXperia 1と比べて格段に良くなっていることでしょう。

 

少し不気味なトリプルカメラレンズ

Xperia 5のカメラスペック


カメラ メインカメラ

52mm(望遠):有効画素数約1220万画素/F値2.4

26mm(標準):有効画素数約1220万画素/F値1.6


16mm(超広角):有効画素数約1220万画素/F値2.4

フロントカメラ 有効画素数約800万画素/F値2.0
撮影サイズ 静止画(ドット) メイン 4032×3024/フロント 3264×2448
動画(ドット) メイン 3840×2160(4K)/フロント 1920×1080
引用元: Sony Mobile Communications inc.
https://www.sonymobile.co.jp/xperia/xperia5/usability.html

 

Xperia 1のカメラスペック


カメラ メインカメラ

52㎜(望遠):有効画素数 約1220万画素/F値2.4


26㎜(標準):有効画素数 約1220万画素/F値1.6/メモリー積層型イメージセンサー

16㎜(超広角):有効画素数 約1220万画素/F値2.4

フロントカメラ 有効画素数 約800万画素/F値2.0
撮影サイズ 静止画(ドット) メイン 4032×3024/フロント 3264×2448
動画(ドット) メイン 3840×2160(4K)/フロント 1920×1080
引用元: Sony Mobile Communications inc.
https://www.sonymobile.co.jp/xperia/xperia1/spec_softbank.html

両機種の違いはというとメモリー積層型イメージセンサーが搭載されているかどうかの違いしかありませんね。

メモリー積層型イメージセンサーとは簡単に言うと、画像の処理性能などが向上する機構になります。

 

ということで、カメラに関してはあまり大きな違いは見られませんでした。

カメラ性能が同じでサイズの小さいXperia 5方が今のところ優れてるかも…?

”動作”は”どうか”な?

Xperia 5のRAM及びROMのスペック


OS Android 9 Pie
CPU Qualcomm® Snapdragon855/2.8GHz+2.4GHz+1.7GHz オクタコア
メモリ 内蔵(ROM/RAM) 64GB/6GB
外部 microSD/microSDHC/microSDXC(最大512GB)
引用元: Sony Mobile Communications inc.
https://www.sonymobile.co.jp/xperia/xperia5/usability.html

Xperia 1のRAM及びROMのスペック


OS Android 9 Pie
CPU Qualcomm®Snapdragon855/2.8GHz+2.4GH+1.7GH オクタコア
メモリ 内蔵(ROM/RAM) 64GB/6GB
外部 microSD/microSDHC/microSDXC(最大512GB)
引用元: Sony Mobile Communications inc.
https://www.sonymobile.co.jp/xperia/xperia1/spec_softbank.html

はい…両機種ともに処理性能は全く同じでした。

しかしXperia 1はフリーSim版だとROMが128GBのモデルもあるらしいので、Xperia 5でもフリーSim版で同じモデルがでるかもしれませんね!

でもお高いんでしょう…?

大手キャリアの三社から発売予定・発売中のXperia 5の価格をXperia 1の価格と比べてみました!

SoftBank

Xperia 5の価格(10月27日現在)


116,160円(税込)

引用元:SoftBank
https://www.softbank.jp/mobile/products/smartphone/xperia5/

Xperia 1の価格(10月27日現在)


105,600円(税込)

引用元:SoftBank
https://www.softbank.jp/mobile/products/smartphone/xperia-1/

差額は10,560円で、Xperia 5の方が高いようですね。

新発売の機種の価格が他のキャリアより高めに設定されているのがソフトバンクの特徴ですが、発売開始から期間が開くか新作がでると前作の機種は大幅に安くなるようです。

現にXperia 1は発売当初から約30,000円ほど安くなりました。

ですので、Xperia 5をSoftBankで購入の方は少し待つのもアリ…?

docomo

Xperia 5の価格(10月27日現在)


87,912円(税込)

引用元:nttdocomo
https://www.nttdocomo.co.jp/product/so01m/

Xperia 1の価格(10月27日現在)


103,752円(税込)

引用元:nttdocomo
https://www.nttdocomo.co.jp/product/so03l/

docomoは新型Xperiaの価格で頑張っており、前作Xperia 1の発売当初の価格においても他キャリアより20,000~30,000円ほど安かったですね。

今回の新作Xperia 5もその例にもれず、キャリア3社の中で一番の安さで価格設定されています。

そのため、発売開始から期間が開いたり新作が出たとしても前作の価格の大幅な値下げは期待できませんので、docomoでXperiaを購入するならば発売開始に近い時期の方が満足度は高そうですね(笑)

au

Xperia 5の価格(10月27日現在)


90,720円(税込)

引用元:au
https://www.au.com/mobile/product/selection/price/?device=android

Xperia 1の価格(10月27日現在)


104,400円(税込)

引用元:au
https://www.au.com/mobile/product/selection/price/?device=android

差額は13,680円で、Xperia 5の方が安かったです。

auもSoftBankと同様に期間または新作が発売されれば多少価格が落ちるようです。

そして価格設定はdocomoに近くて比較的消費者に優しめですね。

今回auから発売されるXperia 5はdocomoより約3,000円高いくらいの差額しかありませんでしたので、正直、今すぐに購入してもいいかなと思いますね。

しかし、Xperiaで頑張ってるdocomoに肩を並べるつもりなら今後の値下げはあんまり期待できないのかも…?

総評

機能面ではスペックを見る限り、Xperia 5は本当にXperia 1のサイズ縮小版のようです。

ただし、前作のXperia 1では映画などの視聴をより臨場感のある4Kディスプレイとハイレゾによって楽しむことがコンセプトでしたが、今作のXperia 5ではディスプレイがFull HD+になり、サイズも小さくなったことから、映画などの視聴が目的ならば今作は向いていないかもしれません。

そしてもう一つはROMの容量の小ささです。もうそろそろ128GBでキャリア3社からも発売してほしいものですね…。

 

といっても日常生活で使う分には困ることのないであろうスペックを持っているので満足度は高いと思います。

 

そして問題の価格ですが、ようやくGalaxyなどのハイエンドモデルのスマホの張り合えるような価格になってきたこともあって、個人的には妥当な値段だと思いました。

もちろんもっと安いスマホなんていくらでもあるのですが、SONYの頑張りを感じた機種でした。

 

今後のSONYのXperiaシリーズも期待していきたいと思います!